2016年12月06日

歯が折れた!!

こんにちは!岡野です。

12月に入り、すっかりクリスマスと年末ムードとなってます。

今年も当院の待合室ではクリスマスツリーとサンタさんがいますので、是非遊びに来てください。

話は変わりますが、

犬猫の歯についてお話をしたいと思います。

先日、飼い主さまが愛犬の歯をみたら「奥歯がブヨブヨする」とのことで来院されました。

良く見てみると、、、、

DSCF2418_320.jpg

ムムムッ、、、歯が折れています。

写真の青矢印の部分の歯が折れています。

左上顎第4前臼歯の破折で、色がだいぶ黒ずんでます。
飼い主様がブヨブヨするというのは、折れた歯が動いてブヨブヨするとのことでした。

硬いものをよく咬ませているとのことでしたので、
歯が折れた原因は「固いの物を噛んだ」ことによるものでした。

犬で歯が折れる事はけっこうあります。
だいたいが固いものを噛んで、上顎の第4前臼歯が折れるパターンです。

「なんで折れるのか??」は今後にご説明致しますね。

歯が折れた場合には、抜歯か歯を残すかで大きく分かれます。

歯を残す場合には、残す手術をすることはもちろんですが、手術後の経過観察が必須となります。

これにはレントゲン撮影を行いますので、期間を決めての複数回の麻酔が必要となります。

また、修復部位を含めて、今後は固いものを噛ませる事ができません。

この部分をクリアーできなければ、歯を残す事が難しくなります。

今回は、飼い主様が抜歯を望まれましたので、抜歯を行いました。

麻酔をかけれるかの術前検査をして、OKだったので麻酔をかけます。

麻酔をかけたら、より詳しく口腔内を観察します。

、、、、
、、、、

ここも折れてます、、、


DSCF2420 11_320.jpg


拡大すると
DSCF2420222_320.jpg
赤まるのところに穴が開いてます。触れると出血します。


今回は歯を残すのではなく、抜歯を希望されています。
そのため、この歯も抜歯適応となりました。


抜歯ですが、これらの歯は歯根が複数となっています。
そのため歯を機械で割って抜歯します。
割るのはそこまで難しい作業ではないのですが、抜くのは結構大変です。

今回のケースは、歯周病が重度で歯肉や歯根が悪化しているものではなかったためさらに大変でした。

歯根ですが、
以下の様に深いです。
DSCF2425_320.jpg
赤い部分が埋まっている部分です。
ここを器具を使ってほじくって抜歯します。

大変な作業ですが、うまく抜けると気持ちがいい面もあります。

抜いた後は、きれいに掃除をして縫合して終了です。

「歯を抜く、抜かない」は状況によって変わります。
動物と飼い主様に一番良いと思う事を提案できればと思います。





posted by おかの動物病院 at 13:30| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

子猫の里親募集中!!

こんにちわ 


子猫ちゃんの里親のお知らせです



DSCF2395.JPG


4ヶ月のオスの黒猫ちゃん

ワクチン済み

フロントライン済み

トイレのしつけ済み



穏やかなハンサム兄弟くんです


詳しくは、里親ボランティアの中村さんにお電話でご確認ください

090-1040-8620


当院に子猫ちゃんはおりませんので、ご注意ください

posted by おかの動物病院 at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

☆メリークリスマス☆

こんにちは


どんどん寒くなり、もう今年も残り1ヶ月半しかありません


今年最後のイベントクリスマスももう少しです

ということで、当院は毎年恒例のクリスマスツリーを早くも待合室に飾りました



DSCF2391.JPG



DSCF2392.JPG



受付にはサンタさんもいます



ぜひぜひワンちゃん、ネコちゃんと一緒に見に来て下さい


posted by おかの動物病院 at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする