2013年07月17日

当院のこだわりA 手術について

手術を行う時は、清潔な状態を維持することが重要です。

汚れている状態で手術を行えば、術部に微生物が混入し、術後感染のリスクが上昇します。がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)ふらふら

術後感染は手術の成功・失敗に大きく関係し、できる限り微生物が混入しないように努力します。

混入を防ぐ手段として、滅菌(微生物がついていない無菌状態)されたガウン、ドレープ(敷物)などを使用して手術を行います。



今回はこのガウンやドレープの話になります。


手術時に使用するガウン、ドレープ、帽子などは、繰り返し使用できる布製品 と 1回使用して捨ててしまうディスポーザブル製品に大別されます。

どちらの製品も正しく滅菌がなされていれば、手術に使用できるものです。

それぞれ利点と欠点があります。

前者は繰り返し使用するので、使い捨てと比べればゴミが減るためエコであり、何度も購入するものではないので低コストだと思います。

しかし、度重なる洗濯や滅菌によって布が劣化する可能性が否定できません。

一方、使い捨てはゴミが増えてコストがかかりますが、手術ごとに新品を使用するので清潔が確保されています。

これらのことを踏まえた上で、当院では衛生理念の観点から使い捨てのディスポーザブル(使い捨て)製品を使用しています。

エコではなく、地球にやさしくないかもしれませんが、手術を受ける動物に対しては一番良い方法と思っています。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)手(チョキ)

これらについては、このサイトがわかりやすいと思います。
よろしければご覧ください。
http://www.livedo.jp/medical/nuno_yobou2.shtml
【関連する記事】
posted by おかの動物病院 at 19:06| Comment(0) | 当院のこだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: