2014年03月02日

☆ ワンちゃん・ネコちゃんの成長過程 ☆




個体差もありますので、だいたいの目安だと思って下さいね


誕生
 ・初乳を飲むことで母親からの免疫をもらう
  (犬・猫は生後1〜2日までが初乳。必ず飲ませること)


生後2〜3週目(人の年齢で1歳ごろ)
 ・耳が聞こえ始める
 ・乳歯が生え始める


生後3〜4週目 
 ・離乳開始
 ・(第1回目の寄生虫駆除開始)


生後6週目(人の年齢で2歳ごろ)
 ・検便
 ・乳歯が全部生えそろう
  乳歯・噛みあわせのチェックをしてもらうとgoodるんるん


生後1ヶ月半〜2ヶ月目(人の年齢で3歳ごろ)
 ・徐々に子犬・子猫用フードに切り替え
 ・第1回目混合ワクチン接種
 ・蚊の発生する時期に合わせてフィラリアの予防薬投与開始


生後2ヶ月半〜3ヶ月目
 ・第2回目混合ワクチン接種


生後3〜4ヶ月目(人の年齢で5〜6歳)
 ・第3回目混合ワクチン接種
  ワクチンを打った時期により、打たなくてOKの子もいます
 ・犬は区役所で犬の登録と、狂犬病ワクチン接種(法律により義務)
 ・ワクチン接種3週間後くらいにお散歩デビュー犬


生後4ヶ月目
 ・去勢、避妊手術の検討


生後5ヶ月〜6ヶ月目
 ・永久歯が生えそろう
  特に、小型犬は乳歯が残っていないかチェック
 ・オーラルケアの開始(歯磨きなど)
 ・生後6ヶ月以降から発情が始まる(始まる前に避妊去勢をすると防げる病気がある)


生後10ヶ月目
 ・小型犬、中型犬、猫は骨格が決まるので、この時期での体重管理が大事
  (大型犬の骨格はまだ発育中exclamation


1年目以降
 ・成犬、成猫用のフードに切り替える
 ・年1回の定期検診
 ・年1回の狂犬病ワクチン接種
 ・年1回の混合ワクチン追加接種
 ・蚊の発生する時期に合わせて、フィラリア予防薬投与
 ・ノミマダニの予防対策(特に春〜秋)


7〜8年目以降 
 ・加齢による体の変化が出てくる
 ・老齢対策として、食事の切り替え・定期検診
 ・年1回の混合ワクチン接種
 ・年1回の狂犬病ワクチン接種
 ・蚊の発生する時期に合わせて、フィラリア予防薬投与
 ・ノミマダニの予防対策(特に春〜秋)




詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ねください


posted by おかの動物病院 at 18:12| Comment(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: