2014年03月21日

乗り物酔いの対処法〜☆




皆さん、こんにちは
看護師の松井です手(チョキ)


本日は、車に酔いやすい子も多いと思いますので、
乗り物酔いを防ぐためのアドバイスをしたいと思います



出発直前の食事は控えましょう!

食後すぐに乗せると吐きやすいので、食後じゅうぶんに時間をとるか、
出発前の食事は少量にして、目的地に着いたら、残りを与えましょう

乗せる前にトイレを済ませ、水を飲ませてあげましょう(がぶ飲みさせないようにexclamation

運転中、落ち着かない子は遊ばせてから載せるようにすれば寝てくれることもありますわーい(嬉しい顔)



安全運転でこまめに休憩しましょう!

急発進・急ブレーキを避け、カーブはゆっくりと回りましょう。
1〜2時間おきに一度くらい休憩をとりましょう

渋滞を避けることも大切です



サインを見逃さない様に!

普段と様子が違うときは注意しましょうあせあせ(飛び散る汗)

ハアハアしている・ヨダレが出ている・落ち着かない・ぐったりしている場合には、
酔っているかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

車内が暑すぎないよう気を付けましょう晴れ



酔ってしまったら、まず休憩しましょう!

酔っているときは、すぐに車を停めて新鮮な空気をたくさん吸わせてあげましょうひらめき

体調が回復したら再び乗せてもいいですが、
一度吐くと吐きやすくなるので無理はしないようにしましょう車(セダン)

できるだけゆっくり運転して、こまめに休憩をとるようにして下さいぴかぴか(新しい)



乗り物酔い対策は、ぜひご相談下さい

乗り物酔いは、ご家族にとってもツラいものですよねふらふら

当院では、乗り物酔い対策の薬を処方しております病院
ぜひお気軽にご相談下さいわーい(嬉しい顔)るんるん

※お電話でのお薬の処方はできません
お薬が欲しい時は、一度診察にお越し下さいぴかぴか(新しい)


posted by おかの動物病院 at 18:21| Comment(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: