2014年04月04日

犬猫の食糞行動について



皆さん、こんにちはexclamation
看護師の松井です


最近、ワンちゃんの食糞行動についてよくご相談がありますので、
本日は、そのことについて書かせて頂きますね猫犬



食糞症は猫ではまれですが、犬ではみることがあります犬



生理的な場合

・母犬猫の子犬・子猫(誕生〜生後3週齢)の食糞摂取は正常行為
・糞便には、タンパクや脂肪分が含まれるため、単にそれを喜んで食べる
・目の前に糞便があるのがイヤなため、糞便を消したいために食糞する
おなかが空いて、何か食べたいため
退屈なので、暇つぶしに食べてみたら食べられたので癖になってしまった
・「食べると飼い主さんが騒ぐのが楽しい」と学習すると癖になる
ストレスがある


などなど…理由は様々ですふらふらあせあせ(飛び散る汗)


※ちなみに、ウサギやハムスターなどのげっ歯類は、
夜間排泄される軟便(盲腸便)の摂取を行いますが、
これはビタミンなどの栄養摂取のため重要な行為ですので、
絶対にやめさせないでくださいね
あせあせ(飛び散る汗)



病的な場合

・脂肪便でいつも食糞する場合は、すい臓の機能検査を行いましょう
・何かの栄養素(ミネラルなど)の不足があり、それを補充するために食糞することもあり
・神経障害を持つ犬では、食糞をすることがある


ウンチは健康のバロメーターですexclamation
軟便・下痢・血便・いつもと色が違うときは治療が必要な場合があります病院



食糞の害について

・強烈な口臭をきたす
・多量摂取で、急性胃腸炎を起こす
・糞便の繰り返しは、寄生虫感染を繰り返すことがある



対処法・処置

・原因疾患や、ストレスの改善
・フードを変えてみる(植物タンパクがメインのフードなど)
 →ロイヤルカナン ベッツプラン スキンケアプラス(ジュニア/成犬用)など

・消化酵素の投与(すい臓酵素:パンクレアチン)
・大量のタンパク質分解酵素を含んだ食物(パイナップル・カボチャなど)を与える
 →それほどの効果は期待できないかもしれないですたらーっ(汗)

・糞便をしたら、すぐに処理
・犬が糞をしたら、すぐにタバスコをかけるのも効果があるそうです
 →犬猫が嫌いな柑橘類(レモン汁など)をかけるのも効果ありそうですねひらめき

・糞をしてすぐに食べてしまうなら、リードで止める
 →室内のトイレでもリードをつけて連れて行き、食べさせないようにしましょう

・糞をしたらごほうび
 →好きなおもちゃに注目させ、遊んでいるうちに糞便を片付けましょう
 →直後にオヤツをあげて、糞便への興味を減らす




いろいろな方法を試してみて下さいねわーい(嬉しい顔)ひらめき



posted by おかの動物病院 at 17:53| Comment(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

乗り物酔いの対処法〜☆




皆さん、こんにちは
看護師の松井です手(チョキ)


本日は、車に酔いやすい子も多いと思いますので、
乗り物酔いを防ぐためのアドバイスをしたいと思います



出発直前の食事は控えましょう!

食後すぐに乗せると吐きやすいので、食後じゅうぶんに時間をとるか、
出発前の食事は少量にして、目的地に着いたら、残りを与えましょう

乗せる前にトイレを済ませ、水を飲ませてあげましょう(がぶ飲みさせないようにexclamation

運転中、落ち着かない子は遊ばせてから載せるようにすれば寝てくれることもありますわーい(嬉しい顔)



安全運転でこまめに休憩しましょう!

急発進・急ブレーキを避け、カーブはゆっくりと回りましょう。
1〜2時間おきに一度くらい休憩をとりましょう

渋滞を避けることも大切です



サインを見逃さない様に!

普段と様子が違うときは注意しましょうあせあせ(飛び散る汗)

ハアハアしている・ヨダレが出ている・落ち着かない・ぐったりしている場合には、
酔っているかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

車内が暑すぎないよう気を付けましょう晴れ



酔ってしまったら、まず休憩しましょう!

酔っているときは、すぐに車を停めて新鮮な空気をたくさん吸わせてあげましょうひらめき

体調が回復したら再び乗せてもいいですが、
一度吐くと吐きやすくなるので無理はしないようにしましょう車(セダン)

できるだけゆっくり運転して、こまめに休憩をとるようにして下さいぴかぴか(新しい)



乗り物酔い対策は、ぜひご相談下さい

乗り物酔いは、ご家族にとってもツラいものですよねふらふら

当院では、乗り物酔い対策の薬を処方しております病院
ぜひお気軽にご相談下さいわーい(嬉しい顔)るんるん

※お電話でのお薬の処方はできません
お薬が欲しい時は、一度診察にお越し下さいぴかぴか(新しい)


posted by おかの動物病院 at 18:21| Comment(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

☆ ワンちゃん・ネコちゃんの成長過程 ☆




個体差もありますので、だいたいの目安だと思って下さいね


誕生
 ・初乳を飲むことで母親からの免疫をもらう
  (犬・猫は生後1〜2日までが初乳。必ず飲ませること)


生後2〜3週目(人の年齢で1歳ごろ)
 ・耳が聞こえ始める
 ・乳歯が生え始める


生後3〜4週目 
 ・離乳開始
 ・(第1回目の寄生虫駆除開始)


生後6週目(人の年齢で2歳ごろ)
 ・検便
 ・乳歯が全部生えそろう
  乳歯・噛みあわせのチェックをしてもらうとgoodるんるん


生後1ヶ月半〜2ヶ月目(人の年齢で3歳ごろ)
 ・徐々に子犬・子猫用フードに切り替え
 ・第1回目混合ワクチン接種
 ・蚊の発生する時期に合わせてフィラリアの予防薬投与開始


生後2ヶ月半〜3ヶ月目
 ・第2回目混合ワクチン接種


生後3〜4ヶ月目(人の年齢で5〜6歳)
 ・第3回目混合ワクチン接種
  ワクチンを打った時期により、打たなくてOKの子もいます
 ・犬は区役所で犬の登録と、狂犬病ワクチン接種(法律により義務)
 ・ワクチン接種3週間後くらいにお散歩デビュー犬


生後4ヶ月目
 ・去勢、避妊手術の検討


生後5ヶ月〜6ヶ月目
 ・永久歯が生えそろう
  特に、小型犬は乳歯が残っていないかチェック
 ・オーラルケアの開始(歯磨きなど)
 ・生後6ヶ月以降から発情が始まる(始まる前に避妊去勢をすると防げる病気がある)


生後10ヶ月目
 ・小型犬、中型犬、猫は骨格が決まるので、この時期での体重管理が大事
  (大型犬の骨格はまだ発育中exclamation


1年目以降
 ・成犬、成猫用のフードに切り替える
 ・年1回の定期検診
 ・年1回の狂犬病ワクチン接種
 ・年1回の混合ワクチン追加接種
 ・蚊の発生する時期に合わせて、フィラリア予防薬投与
 ・ノミマダニの予防対策(特に春〜秋)


7〜8年目以降 
 ・加齢による体の変化が出てくる
 ・老齢対策として、食事の切り替え・定期検診
 ・年1回の混合ワクチン接種
 ・年1回の狂犬病ワクチン接種
 ・蚊の発生する時期に合わせて、フィラリア予防薬投与
 ・ノミマダニの予防対策(特に春〜秋)




詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ねください


posted by おかの動物病院 at 18:12| Comment(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする